FHAローンのMIPが減額に

posted in: FHA Loan | 0

1月7日にオバマ大統領が発表していた声明が早くも具体的な動きとして出てきました。7日の声明では、FHAローンにおけるAnnual Mortgage Insurance Premium(MIP)のローン残高に対する現行の割合1.35%を0.5%下げ、0.85%にするとのことでした。当日、このニュースをここでも取り上げようと思っていましたが実際いつから下がるのかが定かではなかったのであえてポストしませんでした。が、本日9日、本年1月26日のFHA Case Number取得分から適用されることが発表されました。また、同時に異例の処置のように思われますが、現在既に申請・プロセス中、あるいは26日を待たずに申請しても同1月26日以降一旦キャンセルをし、30日以内に再申請をすることによりこの低いMIPが適用になるとのことです。FHAローンの場合にかかるもう一つのUpfront Mortgage Insurance Premium(UFMIP)は、現行のまま1.75%で据え置きです。

試算では、年間$900のMIPが節約でき、今後3年間で新たに25万世帯のホーム・オーナーが増えるとのことです。この試算はさておいても、Annual MIPがコンベンショナルローンのそれに比べ高かったのは間違いなく、新たな0.85%だと同程度、場合によってはコンベンショナルローンよりも低くなりますのでFHAローンのほうが頭金が少なくて済むこともあり今後FHAローンを利用して住宅購入を考えられる方が増えてくるかもしれません。

変更点の詳細はこちらをご参照ください。

 

 

 

Leave a Reply